minamachi

2021.05.22

「睡眠の質」ヒントは食にあり!?睡眠の質を高める食品とは?

「睡眠の質」ヒントは食にあり!?睡眠の質を高める食品とは?

季節の変わり目で「寝付けない」「起きれない」など、睡眠に悩まされている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は睡眠の質を高める食品を紹介します!





睡眠の質を高める栄養素とは?

1.トリプトファン

トリプトファンは乳製品や青魚に多く含まれ、体内では生産できないため食べ物から摂取しなくてはならない必須アミノ酸の一種です。

トリプトファンには、精神や感情を落ち着ける・和らげる効果があるセロトニンや、覚醒と睡眠を切り替える作用があるメラトニンを体内で作ってくれます。

このようにトリプトファンには睡眠のリズム作る効果が有るのです!

2.GABA

GABAもまたアミノ酸の一種で、抗ストレス作用や神経を静める作用があります。GABAの摂取は睡眠の質の向上を見込めます!

3.グリシン

グリシンは肉類・魚介類に含まれるアミノ酸の一種で、深部体温を下げる効果があります。深部体温の低下は、睡眠の質をあげることにつながると言われているので、グリシンの摂取によって睡眠の質向上を期待することができます。

4.マグネシウム

マグネシウムは必須ミネラルの一種で、ひじき・昆布・わかめなどに含まれ、体内の様々な酵素を活性化して生命の維持に寄与してくれます。このマグネシウムが不足すると睡眠障害を引き起こす一つの原因になってしまいます。



良い睡眠を促進する食品ってどんなもの?

1.乳製品・青魚・大豆・バナナ

これらの食品にはトリプトファンが多く含まれています。トリプトファンは多くの食品から摂取することが出来るので、特に意識して摂取することで睡眠の質向上につながります。

2.肉類・魚介類

肉類・魚介類にはグリシンが多く含まれ睡眠の質向上に繋がります。

3.発芽玄米

発芽玄米にもGABAという栄養素を多く含んで睡眠の質向上に役立ちます。

4.ひじき・昆布・わかめ

マグネシウムを多く含有無これらの海藻類や、納豆・豆腐といった大豆加工食品も睡眠の質向上に繋がります。



まとめ

体調を崩しやすい季節の変わり目だからこそ、食事に気を遣い睡眠の質を上げましょう!



この記事を書いた人

宍浦 類

『イートラスト株式会社 営業本部』
2020年新卒入社。動画と写真を勉強中の沖縄顔です。

関連記事