minamachi

2021.01.19

名作あしたのジョーにて、段平がジョーに授けたボクシングの極意  あしたのために(その1)から(その7)までをご紹介!

名作あしたのジョーにて、段平がジョーに授けたボクシングの極意  あしたのために(その1)から(その7)までをご紹介!

名作あしたジョーの主人公、矢吹丈が少年院に収監されてしまったために直接ボクシングの指導をすることができなくなってしまった丹下段平がジョーにひとりでも練習ができるようにボクシングの技術が書かれた手紙を送っていました!いわば段平によるボクシングの通信教育です!これでジョーはボクシングの基本を覚え宿敵力石に挑むのでした!!



あしたのために(その1)=ジャブ=

攻撃の突破口をひらくため あるいは敵の出足をとめるため 左パンチを こきざみに打つこと このさいひじを 左わきの下から はなさぬ心がまえで やや内角をねらい えぐりこむように打つべし せいかくなジャブ三発につづく 右パンチはその威力を 三倍に増すものなり




あしたのために(その2)=右ストレート=

左ジャブで敵の体勢をくずし突破口を 見いだせばすかさず右ストレートを打つべし これ、拳闘の攻撃における基本なり 右ストレートは右拳に全体重をのせ まっすぐ目標をぶちぬくように打つべし このさい打ったコースと同じ線上を 同じスピードでひきもどすこと 一発でKOをうむ必殺パンチなり


あしたのために(その3)=クロスカウンター=

いいかいジョー・・・・ ちっとばっかし痛ぇ目にあわなきゃならねぇだろうが 百の理屈よりも体で覚えるんだぜ おめえの肉と骨のきしみで吸い取るんだ 打倒力石の秘宝パンチを!
こいつあジョーのため・・・ わしのため・・・ いってみりゃあ「あしたのために=その3」・・だぜ

つまりは打たせて打つ・・ 肉を切らせて骨をたつ 相打ちの必殺パンチよ!相手が全力で打ちこんでくる・・ その腕に十字型のクロス・・ 交差させてまったく同時に自分も打ちかえす ただでさえカウンター・パンチは相手のいきおいづいた出鼻を打つだけに 相手の突進プラス自分のパンチ力・・と威力は倍増する ましてやクロスさせた場合 相手の腕の上を 交差した自分の腕がすべり 必然的にテコの作用をはたして 三倍・・いやさ四倍! 思うだに身の毛もよだつ 威力を生み出す!


※その3からは手紙ではなくなり直接指導になります。



あしたのために(その4)=スナップを強くする=

わしが教えようとした“あしたのためにその4”は いまおめえがやっていた手首をきたえることなんだ スナップを強くする そいつを教えようと思ってやってきたんだ・・


あしたのために(その5)=フットワーク=

フットワークはボクシング全体の動きの60%を占めていると言われるほど重要なのだ


あしたのために(その6)=防御技術=

そしてその6はスウェー・バックやカバーリング・・すなわち防御技術・・ 拳闘界にはこういうことわざがある 平凡なコーチでも十人のファイター(攻撃型選手)はつくれるが よほど有能なコーチでなければひとりのテクニシャン(防御型選手)はつくれない・・・とな なぜなら拳闘でもやろうというような若者は とうぜんなみの人間より鼻っ柱が強いし気も荒い したがって打ったりなぐったりの攻撃技術はたちまち おぼえるがこと防御となるとまずおぼえがおそい・・・ というよりもなまじっかなことではおぼえようとはせん


あしたのために(その7)=孤独との戦い=

ボクサーほど孤独な存在はねえ 試合がせまれば敵へのおそれと自分への不安・・ そしてどんな名セコンドがついていようとどんな名コーチがひかえていようと リングへあがったときからボクサーはひとりぼっちになるという事実 それはもう想像を絶するぎりぎりの孤独地獄だ その孤独との戦いを知ってほしかった



以上が丹下段平によるあしたのためにでした!これから拳闘を始めようという方は是非参考にしてください!




あしたのために あしたのジョー!展 開催中!





1968年の連載開始から50年を経て、スポーツマンガの金字塔といわれる『あしたのジョー』。世代を超えて国民的マンガ作品として多くのファンに愛されています。
『あしたのジョー』は、東京五輪(1964年)前後を時代背景とし、天涯孤独の主人公が、スポーツを通して成長する姿が描かれています。

ある日、少年院送りとなった矢吹丈のもとへ「あしたのために」と題する拳闘指南の葉書が届きます。彼は葉書をトレーナーにみたて、言葉を肉体化するための訓練(シャドーボクシング)を開始します。ボクシングに“自らの命を燃え尽くす程の情熱”を見出していくジョー。

本作では登場人物たちの葛藤や生き様が、数々の名言とともに描かれています。本展では〈魂のスポーツマンガ〉を通じ、心身ともに情熱的にあすを生きる術をご紹介します。


■会期
2021年1月16日(土)〜3月31日(水)
■開館時間
10:00~18:00
*展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで
■料金
一般=800円、65歳以上、高校・大学生=600円、障害者手帳をお持ちの方=400円(但し大学生以下は無料)、中学生以下無料
■休館日
毎週月曜  ※ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館
■公式サイト https://www.setabun.or.jp/
■会場
世田谷文学館
■住所
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10
03-5374-9111

この記事を書いた人

好田 直樹

『イートラスト株式会社 常務取締役 / B-rise運営事務局長』
創業時に入社。トータル約800件ほどWEBディレクションを行いチームのスクラムマスターに。クライアントのベネフィットをプライオリティし、スペックのブラッシュアップにつなげるメソッドでグランドデザインを実現。チームビルディングワークのコーチングやファシリテーションなども行う。サステナビリティなシュリンクをコンセンサスする。

関連記事