minamachi

2024 年 1 月 11 日公開

【学生必見】スノーボード最安値で回る!

【学生必見】スノーボード最安値で回る!

スノーボードの日帰りのプランで行く場合おおよそ予算がいくらかご存じでしょうか。

交通費代にリフト代、レンタル代または郵送費代、食事代など、、

日帰りですらスノーボードをするのに2万円弱してしまいます。

この記事では予算を抑えながらスノーボード旅行を楽しむためのいくつかの方法ご紹介いたします。



スノーボードにかかる費用

日帰りスノーボードの予算は、様々な要因によって変動しますが、以下は一般的な参考となる要素です。

なお、これらの価格は地域や施設によって異なる可能性があります。


交通費

  • ・自家用車の場合:ガソリン代や高速道路料金がかかります。
  •  
  • ・公共交通機関の場合:電車やバスの運賃がかかります。

リフト券

  • ・リゾートによって異なりますが、日帰りの場合はリフト券が1日分の価格がかかります。

レンタル機材


  • ・スノーボードやブーツ、ビンディングをレンタルする場合、その料金が発生します。

食事

  • ・レストランやカフェでの食事代がかかります。また、自分で弁当を持参する場合はその費用も考慮しましょう。

その他の費用

  • ・駐車場代や施設利用料など、その他の費用がかかることがあります。


結論ツアーが一番お得

上記では様々な要因でお金がかかる説明をさせていただきましたが、それらをすべて網羅したツアーが最安値になっています。


メリット


最安値でスノーボードを楽しむことが出来る

内訳としては交通費・リフト代・場合によっては食事込みで1万円前後で行くことが出来ます。

また、オフピーク時を狙うことでさらに安くいくことも可能です。

料金だけではありません。バス移動のため自分自身で運転する必要がありません。


デメリット


そもそも集合場所が都内や人が集まりやすい場所のため、集合場所に近いのかどうか

それに付随して集合時間が早いため間に合うのかどうか

また、帰宅の集合時間も決められているためスノーボード後に遊んだりと自由時間は全くありません。

バスでの移動になるため好きな音楽を友達と聞くことや大きい声で話すことが出来ません。


まとめ

今回の記事では最安値で行く方法についてなので結論ツアーでした。

しかし、向き不向きあるので自分の趣旨志向にあった方法でスノーボードを楽しみましょう。





◆JPFストレングス工房(有限会社ジェイ・ピー・フィットネス):https://jpf-stk.tokyo/

この記事を書いた人

成田 涼

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 HPディレクターグループ』
車好き、スノボ好き

新着記事
関連記事