2024 年 7 月 5 日公開

簡単にホワイトニングができる「Colgate」

簡単にホワイトニングができる「Colgate」

『芸能人は歯が命!』



筆者が生まれる前後に流れていた歯磨き粉のCMのキャッチコピーですが、流行語大賞を受賞し、その後の今も度々引用される有名なフレーズです。




それほどに歯の白さが人の印象に影響を与えることは大きいです。


歯が白くなることで、相対的に肌の血色が良く見えたり、若々しさや清潔感を演出できるのです。


政治家のポスターもだいたい歯は白く修正されていますが、それだけで得票率が異なるというデータもあるほど。



ただ海外と比べると、日本ではホワイトニングがまだまだ一般的ではありません。


歯医者さんに通えば出来ますが、海外の場合はご家庭でも手軽にできるものなので、その差も大きいでしょうか。頑張って日本の市販の歯磨き粉で磨いてもあまり白くなってくれません。


なぜ歯医者さんでホワイトニングをしてもらうと白くなれるのでしょうか?








その理由は、白くするやり方の違いなんです。


そもそも、ホワイトニングとは何をしているかご存知でしょうか?


日本で市販されているホワイトニング剤は、歯を白くするのではなく表面のエナメル質を研磨剤で「磨く」ことで白く魅せようとするものです。


しかし、歯医者さんで行われるホワイトニングは、過酸化水素(or尿素)を使って、文字通り歯を白くしているので、仕上がりに違いがあるんですね。



実は海外だと、過酸化水素を使ったホワイトニングは家庭でもやれるくらい一般的なんです。


しかし、日本では、過酸化水素などのホワイトニング剤が入った歯磨き粉などは薬事法によって販売できないので、歯医者さんで処置してもらう以外は、歯を研磨することで少しでも白く見せようという方向になったそうです。



では、日本でホワイトニングをするには歯医者さんに通うしか方法はないんでしょうか、、、









答えは、『いいえ』です!!


実はこのホワイトニング剤の入った歯磨き粉、実はカンタンに入手可能なんです。


中でも有名なのがColgate社の『オプティック・ホワイト』。


Colgate
出典:Colgate

過酸化水素の含有量が高く、海外ではドラッグストアで簡単に手に入るので海外旅行のお土産にも選ばれたりする定番の歯磨き粉です。


流通が多いので大手の通販サイトでも取り扱われています!






勿論、注意すべき点もあります。


日本を含めた黄色人種は比較的歯の表面が薄いため、成分が合わなかったり、過度にやったりすると知覚過敏になってしまう場合もあります。


使用頻度は週に1,2回でも効果があるとの事なので、まず感覚を空けながら自分の体に合うかをお試しでやってみるといいかもしれません!




ご家庭で安く簡単に、綺麗な歯を手に入れて

ひときわ輝く笑顔でいってらっしゃい!!


◆医療法人社団光潤会 ハタデンタルクリニック:https://hata-dc.com/


この記事を書いた人

廣瀬 隆紀

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 CSグループ』

新着記事
関連記事