2024 年 7 月 1 日公開

男のスキンケアは夏こそ大切!

男のスキンケアは夏こそ大切!

夏こそスキンケアが大切な理由とは


夏は肌にさまざまなダメージが加わりやすいため、丁寧なスキンケアが必要になります。

  • ・冷房で乾燥する
  • ・汗や皮脂でべたつく
  • ・紫外線のダメージを受ける

以上の内容に注目して、夏こそスキンケアが大切な理由を解説します。


冷房で乾燥する

冷房が効いている室内は湿度が低くなるため、肌の内側にある水分が奪われて乾燥しやすくなります。
冬場は明らかに皮膚がかさつくため乾燥していることに気が付きやすいのですが、夏場には汗をかくことが多いため、皮膚の内部の乾燥に気づきにくいため注意が必要です。

気付かずに放置していると肌表面がベタついて皮膚の内側は乾燥している「インナードライ肌」になってしまうかもしれません。
インナードライ肌になるとニキビや吹き出物といった皮膚トラブルのリスクが高くなるため気を付けましょう。


汗や皮脂でべたつく

夏場は気温が高くなるため、体温が上がりすぎないように汗を排出して調整します。
夏場に汗を大量にかくのはそのためなのですが、実は汗とともに皮脂の分泌量も増加されます。
夏は気温だけでなく皮膚の表面温度も上昇、仮に皮膚表面の温度が4度上がると皮脂の分泌量はおよそ2倍に増加すると考えられています。

汗や皮脂がたくさん分泌された結果、ベタベタとした肌になってしまうのです。
肌のべたつきを放置すると、かゆみや赤み、ニキビや吹き出物など肌トラブルを引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

紫外線のダメージを受ける

紫外線は年中降り注いでいますが、特に夏場は強力な紫外線が降り注ぎ、量も多くなります。

紫外線を浴びると肌の乾燥を招き皮脂層によるバリア機能が損なわれ、肌トラブルを引き起こしやすくなります。
また、紫外線を浴びると皮膚のうるいい・ハリを保つためのコラーゲンやエラスチンが変性し、しわやたるみの原因になります。コラーゲンやエラスチンは年齢とともに生成される量が減少するため、ハリのある若々しい肌を目指すには夏場は特にスキンケアを丁寧に行う必要があるのです。



夏こそスキンケアが大切な理由とは


なにかと肌トラブルの多い夏には、下記の点に注意してスキンケアを行なうと健やかな肌を保てます。

  • ・保湿を丁寧にする
  • ・紫外線対策を行う
  • ・こまめに汗を拭きとる

ここでは、夏のスキンケアのポイントを解説します。


保湿を丁寧にする

夏場は湿度が高く、汗も多くかくことから、保湿を怠る方が少なくありません。しかし、冷房や紫外線の影響で夏場の皮膚は乾燥しやすいため、保湿を怠ると肌荒れのリスクが高くなることを知っておきましょう。

洗顔の後には化粧水でうるおいをあたえ、乳液やクリームなどで肌に必要な油分を補い、水分の蒸発を防ぐことがポイントです。
乳液やクリームを重ね塗りしたときのべたつきが気になる方は、ジェルタイプのオールインワンアイテムなどさっぱり系のスキンケアアイテムを選ぶことがおすすめです。


紫外線対策を行う

強力な紫外線にさらされる夏場には、外出の際に日焼け止めを忘れずに塗るよう心がけましょう。
日焼け止めを選ぶときは、SPFとPAの値の確認が重要です。

SPFは波長の短い紫外線(UV-B)への防御力を意味し、「1~50+」までの数値があります。
PAは波長の長い紫外線(UV-A)への防御力を意味し、PAは「+~++++」の4段階に分かれているため、自分に合った数値の日焼け止めを選んでください。

数値が高いほど紫外線を避けることが可能ですが、皮膚への負担も高くなります。
そのため、日にさらされる時間を考慮して日焼け止めを選ぶとよいでしょう。


保湿を丁寧にする

夏はこまめに汗を拭きとりましょう。汗を放置すると肌がべたつき、ニキビや吹き出物など肌トラブルのリスクが高くなります。

汗を拭きとるときは清潔なタオルや持ち運び用の汗拭きシートを利用し、優しく抑えるように拭きとってください。
汗を拭きとるときにゴシゴシ擦ると皮膚にダメージを与えるだけでなく、かえって乾燥を招く可能性があるため注意が必要です。



夏のスキンケアに関するよくある質問

夏は乳液なしで良い?

夏も乳液を使用してください。
洗顔後の保湿を化粧水だけで済ませると、乾いたときに水分が奪われかえって乾燥しやすくなります。化粧水でうるおいを与えたら、乳液でフタをすることがワンセットだと覚えておきましょう。

重ね塗りによるべたつきが気になる方には、化粧水と乳液がひとつになったオールインワンタイプのスキンケアアイテムがおすすめです。



頻繁に洗顔して良い?

夏場の汗をかく時期であっても、頻繁に洗顔することはNGです。
顔を洗う回数が多いと、皮膚を守るべき皮脂まで洗い流されてしまい、皮膚トラブルを招くリスクが高くなります。


顔のテカリが気になったらどうする?

夏場の汗による顔のテカリが気になるときは、脂取り紙や拭き取り化粧水で優しく拭き取りましょう。
頻繁に洗顔するのは肌が乾燥してしまうので避けてください。


おわりに

丁寧なスキンケアで夏をきれいな肌で過ごしましょう

夏は冷房による乾燥や紫外線など肌にさまざまなダメージが加わりやすいため、丁寧なスキンケアが必要です。
肌もべたつきやすいため、つい洗顔をしたくなりますが顔の洗い過ぎやタオルによる摩擦は、かえって肌トラブルを招く原因となるため注意が必要です。


◆逢楽(あらく):https://araku.jp/

この記事を書いた人

川俣 浩二

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 / デザイナー兼コーダー』
『趣味は、掃除・サイクリング・映画鑑賞・写真撮影・カフェ巡り。
好きなものは、ディズニー・動物。
web制作を日々楽しみながら、いろんな趣味を探してます!』

関連記事