minamachi

2022 年 5 月 30 日公開

日本代表も夢じゃない!?マイナースポーツの魅力

日本代表も夢じゃない!?マイナースポーツの魅力

みなさんスポーツは何を習っていましたか?


競技人口の多いサッカーや野球は、ライバルが多くなかなかメンバーになることも難しいですが、立候補制で日本代表になれるようなスポーツがあるのをご存知ですか?


今からでも日本代表を目指せるのか?


と思うかもしれませんが、目指せます!!!!


例えば世界最古の球技と言われるスポールブールは日本の競技人口約50人ですが、オリンピック候補種目でもあります。


カバディは女子を募集していたので、1年後には日の丸を背負えるかもしれません。


他にも、日本代表を募集している競技はたくさんあります。


今回は今注目のマイナースポーツをご紹介します!





モルック



モルックは『スキットル』とよばれる12本の木製のピンを『モルック』と呼ばれる木の棒を投げて倒すスポーツです。


お笑い芸人の「さらば青春の光」の森田さんが日本代表になり、注目を集めています。

キンボールスポーツ



キンボールスポーツは直径122㎝のどでかボールを3チームが『キンボール!』と叫び打ったりレシーブするスポーツです。


キンボールスポーツの世界大会で日本は3位を獲得しています。


まるで大玉転がしのサイズのボールなので人が吹っ飛ばされたりする様子が、ちょっと面白いですね。

ダブルダッチ



2本のロープを使って跳ぶなわとびです。


3人以上で行いますが、向いあった2人のターナー(回し手)が、右手のロープと左手のロープを半周ずらせて内側に回す中を、ジャンパーが色々な技を交えて跳ぶというものです。


毎年アメリカでは世界大会が開催されてますが、日本は毎回上位に入り、優勝経験も何度もあります。レベルの高さがうかがえますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


日本にはまだまだ沢山のマイナースポーツがあります。


マイナースポーツでトップを目指してみましょう!



この記事を書いた人

堤 真衣

『イートラスト株式会社 管理本部』

新着記事
関連記事