minamachi

2020.12.28

脱いでも凄い。すっぴん美人になるヒケツとは?

脱いでも凄い。すっぴん美人になるヒケツとは?

■脱いでも凄い。すっぴん美人になるヒケツとは?


メイクを落としても、服を脱いでも、自信ある自分でいたい。


スマホで写真を撮る時、加工アプリの利用が当たり前の現代。
20代女子の自撮りアプリ利用率は、なんと98.2%だそう。
可愛く美しく魅せたいのは女性の永遠のテーマ。

だけど飾れば飾るほど、スマホの中の自撮り画像が盛れれば盛れるほど、
現実の姿や、鏡に映るすっぴんの自分とのギャップに愕然とする…そんな経験はありませんか?

巣ごもり期間の今だからこそと、ひっそりこっそり「根本ケア」に取り組む女子が急増中。







■自粛期間で自分の美意識にどんな変化がありましたか?(20代~50代の女性へのアンケート)



◎リップやチークはマスクで隠れちゃうし、メイクよりスキンケアを頑張るようになった(20代/学生)

◎リモートワークでも白髪染めはサボれない。いつもの美容室がお休みで泣きそうになった(50代/主婦)

◎コロナ太りを回避したくて、おうちヨガやエクササイズを始めました。(OL/30代)

◎頑張っている自分にアクセサリーと下着を購入。常に身に着けるものはどんな時も妥協したくない。(40代/経営者)


自分時間が増えた事で、「繕う美」から「育む美」へ意識がシフトしたり、
本当に自分に必要な美のあり方や価値観に気づけた人も多かったようです。


今回はそんなすっぴん美人を目指すあなたをサポートしてくれる、
美容関連企業をご紹介します。
自粛ムードの今のうちに、根本ケアを施し、アフターコロナに向けライバルと差をつけちゃいましょう!




この記事を書いた人

長谷部 麻実

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 / デザイナー兼コーダー』しじゅうの手習でWEB制作の道を歩み始めたデザイナー兼コーダーです。普段は海を泳いだり、自転車漕いだり、川沿い走ったりしてます。WEBサイトのコンバージョンアップも、スポーツのベスト更新も、突然空から降ってくる事はまずありません(降ってきて欲しいけど(*_*))何事も愛情を持って続ける事をモットーに頑張ります!

関連記事