minamachi

2022 年 1 月 3 日公開

これからが本番!「冬のあったか対策」

これからが本番!「冬のあったか対策」

寒い冬、暖房をかけているのに隙間風や冷気を感じたことはありませんか?


部屋が全然温まらなく暖房をずっとかけ光熱費がかさんでしまうなんてこともあるかと思います。


今回はそんな家の寒さの原因と対策についてご紹介します。





部屋が寒い原因 第1位・・・「窓」

寒さの一番の原因は窓から入ってくる冷気です。
その隙間風を防ぐ方法にはさまざまな方法があるので、対応策をご紹介します。

①カーテンを厚手に替える

②断熱シートを貼る

100円ショップやホームセンターで手軽に購入できる「隙間防止テープ」や窓に貼る「断熱シート」が効果的です。
窓の素材によって貼るシートの素材が異なるため調べてから購入することがおすすめです。

③部屋をカーテンで仕切る

部屋と部屋に扉がない、ワンルームで玄関からダイレクトに部屋につながっている場合は、仕切りにカーテンを取り付けるだけで冷気を遮断することができます。



部屋が寒い原因 第2位・・・「床」

暖かい空気は部屋の上に行ってしまうため、冷たい空気がたまり床も冷たくなります。
続いて床の寒さ対策をご紹介します。

①ラグやホットカーペットを敷く

ラグやカーペットは基本的なアイテムですが、生地やデザインも様々なので部屋のテイストに合わせ選びましょう。

②コルクマットを敷く

敷き詰めるだけで断熱でき、防音対策にもなるので一石二鳥です。
また、水拭き等もできるため、ラグなどに比べるとお掃除をラクに済ませることができます。

③こたつの活用

最近ではホームセンターでおしゃれなこたつも販売されており、インテリアのひとつとしてもおすすめです。



部屋が寒い原因 第3位・・・「玄関」

玄関も窓と同様に外気にふれているので、冷気が入りやすいです。

①玄関用断熱シートを貼る

②ドアにポストがついている場合は、テープやクリアシートを受け入れボックスに貼る

③部屋と玄関の間に、仕入れ用のカーテンを取り付ける

部屋全体を温める対策はコレ!



サーキュレーターで空気をかきまわす

サーキュレーターは夏だけだと思ってはいませんか。

冷たい空気は床面に滞留しやすくなるので、サーキュレーターの風でエアコンの風を循環させることで部屋が温まること間違いなしです。



加湿器を設置する

人の体感温度は湿度も関係しているので、湿度が高いほうが暖かく感じます。
湿度を15%あげることで、室温を1℃下げても体感温度は変わりません。
暖房時と同時に加湿器を活用し、湿度を上げることで省エネにもつながります。




しっかりと寒さ対策を行って、これから冬本番の寒さを乗り切りましょう!

この記事を書いた人

柴﨑 琴弓

『イートラスト株式会社 営業本部 / CRMグループ』
音楽と茶色がすきです。

関連記事