minamachi

2021 年 12 月 25 日公開

世界のお正月についてご紹介 ☆ミ

世界のお正月についてご紹介 ☆ミ

いよいよ今年もあと1週間で新年を迎えます。

日本ではお正月におせちやお雑煮を食べたりしますが、海外では料理に限らずパンを作ったりお菓子を食べたりとさまざまなようです!

少し気分を変えて美味しそうな世界の料理を食べてみるお正月も良いかもしれません♪

今回は世界のお正月についてご紹介していこうと思います。

ペリメニ(ロシア)



ロシアでは、家庭料理として親しまれている「ペリメニ」をお正月に食べるそうです!

ペリメニは刻んだひき肉や野菜の餡をモチモチの皮で帽子型に包んだ料理です。
日本でいうと水餃子のような感じですね!

家族が全員集まって一緒にペリメニを手作りするのが、
ロシア流のお正月の過ごし方らしいです。

|皮から手作り ロシア風水餃子ペリメニ レシピ・作り方(クラシル)
https://www.kurashiru.com/recipes/9415c93a-f07c-421c-a031-db8939f0818c
ロシア風水餃子ペリメニのご紹介です。
皮から作る生地は、モチモチとしていてとてもおいしいですよ。
酸味のあるサワークリームとの相性も抜群です。
ゆでて食べるのはもちろん、スープに加えてアレンジすることもできますよ。
ぜひ作ってみてくださいね。

ガレット・デ・ロワ(フランス)



「ガレット・デ・ロワ」は、1月のキリスト教の祭日に食べられる“王様のためのお菓子”という意味を持つアーモンドクリーム入りのパイ!

中に小さな陶器製の人形(フェーヴ)が仕込んであり、切り分けたときにフェーブが当たった人はその一年間幸福に恵まれると伝えられているそうです。

|パイシートで作る!ガレットデロワ(DELISH KITCHEN)
https://delishkitchen.tv/recipes/232989693963141599
フランスで1月6日に食べられている伝統菓子のご紹介をします!
切り分けたピースにフェーブ(陶器製の小物)が入っていた人は幸運が1年間継続すると言われています。
今回はフェーブの代わりにアーモンドを入れてアレンジしています。

セムラ(スウェーデン)



北欧スウェーデンで春の訪れを祝うお菓子として親しまれているのが「セムラ」!
カルダモンを練り込んだパンにアーモンドペーストとたっぷりのクリームをサンドした、
甘さの中にほどよいスパイシーさを感じられる伝統スイーツで、
主にクリスマス明けからイースターまでの期間に食べられているそうです。

|セムラ レシピ・作り方(クラシル)
https://www.kurashiru.com/recipes/ccfeee6f-c17a-47c0-b099-c76bab0ae91b
セムラの作り方のご紹介です。
ふっくらとカルダモンの香りのするパンの中に、コクのあるアーモンドクリームと、
優しい甘さの生クリームをのせると、とてもリッチな味わいでおいしいですよ。
ぜひ作ってみてくださいね。

日本とは少し違った感じで、
甘いものを食べることが多い感じでした!!

少し気分を変えて世界のお正月も味わってみるのも良いかもしれません◎

この記事を書いた人

石上 彩佳

『イートラスト株式会社 営業本部 / CSグループ』
カスタマサポート所属の石上です。

新着記事
関連記事