minamachi

2022 年 6 月 15 日公開

いまさら聞けない「グルテンフリー」とは!?

いまさら聞けない「グルテンフリー」とは!?

近年、よく聞くようになった「グルテンフリー」。


今では美容や健康のためにグルテンフリーの生活をしている人がどんどん増え、日本でもグルテンフリー対応のお店や製品が少しずつ増えてきました。


今回は身近にあるが、実際の所はあまり知らない「グルテン」についてご紹介します。


おいしくグルテンフリーなら come×come(コメトコメ)




まずグルテンフリーってなに?



グルテンフリーとは、グルテンを含む食品を摂取しないようにする食生活のことです。


グルテン(gluten)とは、私たちが普段よく口にするパンやパスタなどに含まれる「小麦粉」で、「グルテニン」と「グリアジン」というたんぱく質が小麦粉に水を加えてこねることで、この2つが絡み合い「グルテン」という物質に代わります。


グルテンには食品をふっくらさせたり弾力を持たせる性質があり、パンやケーキなどのお菓子のやわらかさとして活かしています。

なぜグルテンフリーが注目されているの?



グルテンフリーは、その生活への影響から食への意識が高い人々から賛同されています。


そもそもグルテンフリーは、セリアック病患者の食事療法として開発されました。


セリアック病の人は体の中でグルテンが分解できず、体がそれを異物と認識して免疫システムが過剰に働くことで、腸内が攻撃されて慢性的な炎症がを引き起こしてしまいます。


しかし、近年ではセリアック病や小麦アレルギー患者ほどではなくても、グルテンを摂取することでちょっとした倦怠感や頭痛を引き起こしてしまうグルテン不耐性の人が多くおり、気づかずに生活していることがわかってきました。


常にベストなパフォーマンスを求めるアスリートにも多く取り入れられ、食事でのグルテン摂取選択の重要性は高まっています。


おいしくグルテンフリーなら come×come(コメトコメ)


なぜ、グルテンフリーが注目されているの?

グルテンフリーは、その生活への影響から食への意識が高い人々から賛同されています。


そもそもグルテンフリーは、セリアック病患者の食事療法として開発されました。


セリアック病の人は体の中でグルテンが分解できず、体がそれを異物と認識して免疫システムが過剰に働くことで、腸内が攻撃されて慢性的な炎症を引き起こしてしまいます。


しかし、近年ではセリアック病や小麦アレルギー患者ほどではなくても、グルテンを摂取することでちょっとした倦怠感や

頭痛を引き起こしてしまうグルテン不耐性の人が多くおり、気づかずに生活していることがわかってきました。


常にベストなパフォーマンスを求めるアスリートにも多く取り入れられ、食事でのグルテン摂取選択の重要性は高まっています。

グルテンフリーのメリット・デメリット

グルテンフリーのメリットは、体質や肌質の改善が期待できることです。

セリアック病でなくても、グルテンが体質に合わないことに気づかずに生活している人は少なくなく、グルテンフリーを実践するだけで体調が良くなったり、肌の炎症が収まったと感じる人もいます。


また、依存性の高い小麦を摂取しないことにより、パン、パスタ、ピザなどの食べ過ぎを防ぐ効果も期待できるとも言われています。


おいしくグルテンフリーなら come×come(コメトコメ)


グルテンフリーのデメリットとしては、小麦を避ける食生活が難しいことです。

私たちの身の回りは小麦が含まれる製品で溢れかえっており、グルテンを摂取しないようにすることはかなり意識をしないと難しいと言えます。


グルテンの摂取量を減らしただけでも効果を実感する人も存在し、ただただすべてのグルテンを避けるのではなく、極力小麦製品を選ばない等のゆるいグルテンフリーを実践している人がほとんどです。


アレルギー反応をまったく起こさない体質の人には、体調改善などの効果が期待できないこともあります。




まとめ

慢性的に体調が悪い方、肌トラブルがある方はグルテンを避け、和食中心の食事に変えるだけで、体質によっては良い影響を与えるかもしれません。


今まで1日1回パンを食べていたのであれば週に1度にする、日替わりで食べていたパスタをライスにしてみるなど、選べる場所で「小麦でない方」を選んでみて、体調がどうなるか試してみてはいかがでしょうか。


グルテンフリー繋がりで、遅延型アレルギーで「小麦」や「乳製品」などが多彩な症状を起こしてる場合もあります。


専門機関で検査してみるのもいいかもしれません。


おいしくグルテンフリーなら come×come(コメトコメ)



この記事を書いた人

塚原 冬威

『イートラスト株式会社 営業本部 / CSグループ』

新着記事
関連記事