minamachi

2022 年 12 月 11 日公開

くるぶしって何のためにある?地味に痛い靴擦れの対処法も紹介!

くるぶしって何のためにある?地味に痛い靴擦れの対処法も紹介!

足の一部分であるくるぶし。名前は知っていても、その役割などは知らない方も多いのではないでしょうか。

 

今回この記事ではくるぶしの役割や、靴擦れした時の対処法などを解説していきたいと思います!

 





踝(くるぶし)とは



くるぶしは漢字で『踝』と書き、足首あたりにある少し出っ張っている部分のことを指します。


くるぶしは内側と外側両方にありますが、内側にあるのが脛骨の末端で内果と呼ばれ、外側にあるのは腓骨の末端で外果と呼ばれています。

 

一般的にくるぶしというと、外側のくるぶしを指すことが多いです。

 

 

手首にあるのもくるぶし?



体を見てみると手首にも同じような骨の出っ張りがあります。
その部分は『手くるぶし』とも言うらしいですが、尺骨茎状突起とも呼ばれています。

 

何のためにあるの?

くるぶしが何のためにあるのかは医学的に解明されていないようです。

 

しかし、くるぶしには多くの靱帯がつながっており、膨らんでいることでその靱帯の接地面が増えて足の曲げ伸ばしの際の怪我を予防したり、内側がお椀状になっていることで脱臼しにくく、足を動かしやすいと言われています。

 

どちらにしても歩いたり立ったりするのに必要な部位であることは言うまでもありません。

 

 

英語や医学用語での名称は?

くるぶしについて少しわかったところで、くるぶしを英語では何と言うか分かりますか?

 

実は、くるぶしは英語で

『ankle』

と言います。

 

あれ、ankleは足首じゃなかったっけ?となった方、正解です。

 

ankleは英語の辞書では

the joint (= place where two bones are connected) between the foot and the leg, or the thin part of the leg just above the foot(Combridge Dictionary)

と定義されています。

 

日本語にすると『足と脚のつなぎ目で足のすぐ上の細い部分』となります。

要するにくるぶし込みの足首全体を指すようです。

 

医学界では冒頭で紹介したように『外果』や『内果』と言われ、英語では『malleolus lateralis(external malleolus)』と『malleolus medialis』と言われるようです。

 

 

くるぶしの靴擦れ対策!



新しい靴や履き慣れない靴を履いた時に起こってしまうトラブルである「靴擦れ」。

かかとだけではなく、くるぶしが靴擦れすることもあります。
くるぶしの靴擦れはどのような対策が必要でしょうか。

 

そもそも原因は?



基本的な原因は、靴のフチとくるぶしが擦れてしまうことです。

くるぶしは硬い骨で、靴のフチも硬いので一回靴擦れし始めると、意外と痛くてすぐに皮がむけたり赤くなったりしてしまいます。

 

靴は履いていればその人に合わせて柔らかくなっていくので、履いていれば治る場合もあります。
また、靴ひもをしっかり結んでみるとフィットするので、改善することもあります。

 

しかし、それでも改善しないとなると、ずっと靴ずれを起こしてしまいます。
そんな時には下記の対処法をやってみましょう!

 

絆創膏を貼る



定番の対処法です。絆創膏で傷を守り、擦れを軽減できます。
しかしそれは一時的なものに過ぎず、絆創膏が取れてしまったり、絆創膏では守り切れない場合もあります。

 

インソールでかかとを上げる



くるぶしの位置を靴のフチとずらすことで、靴擦れを防ぐことができます。

 

専用のシールを使う

出典:Amazon.co.jp

くるぶしの靴擦れを軽減するために、靴に貼るシールもおすすめです。
貼るだけでクッションが足を守ってくれます。

 

サイズが小さすぎる靴では、シールを貼ることで余計に足が痛くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

靴をもむ



必ず解決するわけではないですが、靴をもんで柔らかくすることで、足に馴染んで靴擦れを軽減することができるかもしれません。

 

 

みなさん、くるぶしについて新しい発見などはありましたでしょうか。

 

ちなみに筆者もくるぶしの靴擦れに悩んでいました。
専用のシールを貼って改善したので、靴を捨てずに済みました!


ぜひ試していただければと思います!

 

 





◆和み堂整骨院:https://nagomido-seikotsuin.com/

この記事を書いた人

今井 晴哉

『イートラスト株式会社 テクニカルチーム』
青森県出身。8年間、小売業界に従事しつつ趣味でライターとして活動。大手サイト(Yahoo!、朝日新聞社)の記事投稿やTokyoFMのラジオ出演の経験も。2022年にイートラストに入社。好きなものは家電、インディーズ音楽、動画編集。

新着記事
関連記事