minamachi

2022 年 5 月 16 日公開

ビニール傘を持って行かれないための対策3選!

ビニール傘を持って行かれないための対策3選!

雨の日が増えると活躍する傘。


急な雨にコンビニでビニール傘を買ったり
使い勝手の良さ等を理由に、
普段からビニール傘を利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか?


コンビニなどで見かけるビニール傘は
どれも見た目が似ているため
外出先で傘立てにしまっても、
気づいたら誰かに持って行かれてしまった!
なんてこともよくあります。


そこで今回は、
ビニール傘を間違えて持って行かれないための対策を
3つご紹介したいと思います!





ビニール傘を持って行かれないための対策


ズバリ!
今回ご紹介したい方法はこちらの3つです!


  • ①一味違うビニール傘を選ぶ
  • ②傘用のアクセサリーをつける
  • ③マスキングテープやシールでアレンジする

①一味違うビニール傘を選ぶ

急に傘が必要な場面では選べないことがほとんどですが
普段からビニール傘を使う方にはこの方法がオススメです。


シンプルな色付きのビニール傘をはじめ
ステンドグラスやクラゲ、クリームソーダをモチーフにしたデザインや
ナチュラルな花や葉っぱ柄・エスニック柄の入ったビニール傘もあります。


色や柄だけでなく花びらの形をしたビニール傘など、
定番とは違う少し変わった形のビニール傘もあり
ビニール傘ならではの透け感を活かしたデザインばかりなので
見分けがつかない、という点を解決できるだけでなく
自分好みの傘を見つけることできます。



②傘用のアクセサリーをつける

最近は傘の持ち手部分につけることのできる
傘用のアクセサリーがたくさん販売されています。


シリコン製やゴム製のバンド型のアクセサリーをはじめ、
傘を掛けることができるような突起がついたものなど
見た目だけでなく機能性を重視したアクセサリーもあります。



③マスキングテープやシールでアレンジする

身近なもので手軽にできる方法として、
マスキングテープやシールでアレンジする方法もオススメです。


持ち手にちょっと貼るだけでも目印になりますが
耐水性のあるテープやシールを選んで
持ち手を好きな柄にアレンジしたり
傘の部分に好きなシールを貼ることで
自分だけのオリジナルビニール傘にすることもできます。



まとめ


ビニール傘はどれも同じと思われがちですが
実はアレンジの幅も、デザイン自体もいろいろあります!

これを機にぜひお好みのビニール傘を見つけてみてください♪



この記事を書いた人

鈴木 優子

『イートラスト株式会社 営業本部 / CSグループ』
B-riseを通じてユーザーの皆様により良い情報を提供できるよう頑張ります!

新着記事
関連記事