minamachi

2021.11.19

帽子が持っている役割、用途をご紹介!!

帽子が持っている役割、用途をご紹介!!

なぜ帽子はかぶられるようになったのか。
ファッションとしてよくかぶられている帽子ですが、ファッション以外にも帽子の用途はたくさんあります。
帽子の用途がいろいろある中、日よけ用としてかぶることが多いようです。
改めて帽子の用途についてちょっとマジメに調べてみました。





日よけ用として

直射日光による日焼けや熱中症を避ける為の日除けとして帽子をかぶるのは、もちろんみなさんご存じですよね。
婦人用の日除け用帽子は、たくさん種類があります。
日よけ用帽子の特徴として挙げられるのが、ブリムが広いということ。
ブリムが特に広い帽子や後側にカーテン状の布が付いている帽子は、顔だけでなく首筋から肩にかけての日除けにもなります。
また、日よけとして使われる帽子にはサンバイザーが有名ですよね。


防寒用として

散歩やペットの散歩、各種スポーツや釣りなど屋外での活動時、防寒を目的として帽子を選ぶ場合、耳まで入る帽子が最適です。
代表的なものとしては、ニットキャップ、防寒帽、耳覆い付きキャップ、耳覆い付きハンチング、などがあります。
生地はウールやアンゴラ(うさぎの毛)、毛皮、フリース素材など厚手のものがより暖かく適しています。
帽子をかぶると服を一枚多く着ているのと同じくらい暖かさが増すと言われていますが、耳を覆うことができる帽子は本当に暖かいのでお勧めです。



スポーツ用として

スポーツ用の帽子には、やはりキャップが一番です。夏はメッシュ素材で風通しの良いもの、冬は耳覆い付きの暖かいものがお勧めです。
バイザーの長さは、日除けなら長めを選びますが、スポーツ時にかぶるなら視界優先の短めがいいでしょう。
バイザーの長さは用途に合わせて選びましょう。
また、ゴルフなどでは、お洒落にハンチングやパナマ、アルペン、テンガロンハットなどをかぶる方も多いようです。


オリジナルキャップが作れる?

Hicktown Crftsman Clubでは、「帽子が似合わないと思っている人」「自分の頭に入る帽子が無い」「帽子が大きすぎて・・・」など帽子でオシャレをしたかったけど出来なかった人への帽子のサイズオーダー、カスタムオーダーの専門サイトです。


また、お気に入りだったのに着られなくなった服、愛着のある傷だらけのカバンなどタンスの中で眠っているアイテムを帽子に生まれ変わらせる事により新しい命を与えるアップサイクルオーダーなど帽子メーカーでしか出来ないサービスでゲストをもてなす演出には自信があります。


【カスタムオーダー】ベースボールキャップ



【カスタムオーダー】バケットハット


帽子が似合わないと思っている人のための帽子屋!【Hicktown Crftsman Club 】


この記事を書いた人

岩崎 晃大

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 / デザイナー』

関連記事