minamachi

2022 年 5 月 14 日公開

衣替えの季節到来!お家洗いとドライクリーニングの違いとは?

衣替えの季節到来!お家洗いとドライクリーニングの違いとは?

最近暑い日が増えてきましたね!
急な気温変化で服選びに悩まれている方も多いのではないでしょうか。
普段着なら融通が利きますが、スーツや制服となると別問題ですよね。。
よそ行きの服やお手入れしづらい服はプロに任せるという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回はお家洗いとクリーニング店の違いをご紹介します。
これからやってくる衣替えシーズン前に確認しておきましょう!





お家洗いとプロのクリーニングの違いとは?

違いは水と洗剤!



大きな違いは洗剤です。
お家で洗濯する時、水と市販の洗剤を使って洗いますが、クリーニング店では基本的に“ドライクリーニング”という方法で水を使わずに洗剤の代わりに油を原料にした特殊な溶剤を使います。
ドライクリーニングは衣類へのダメージを抑えた洗浄方法なので水で洗うと形崩れや縮み、色落ちなどが起きやすい衣類に特におすすめです。

実際に私もドライマーク付きのスカートを洗濯機に入れてしまい、しわしわに形崩れしてしまって落ち込んだ経験があります。。

服のケアはプロにおまかせ!

服にも日焼け対策を!



立夏が過ぎ、立秋まで紫外線が一番強い時期になりました。
お肌の日焼け対策も大切ですが、紫外線は衣類の色褪せなどの原因にもなります。
保管する際は必ず陽が当たらないようにしましょう。
特に卒業式、入学式等でよそ行きのスーツ類をお召しになられた方はクリーニングに出してからしまいましょう!

梅雨の時期に大活躍!



雨の多く中々外に干すことが出来ない梅雨の時期はクリーニング店を有効活用しましょう。
あまり利用されない方もジメジメとした雰囲気を払拭し、気分転換になるかもしれません♪

会社やお店の制服など法人利用もおすすめ!

まとめ洗いでエコに+*



最近はアルバイトの制服をお家洗いされている方も多いのではないでしょうか?
また、町のクリーニング店では個人向けだと思われていませんか?
しかしプロだからこそ特殊な汚れや素材に適したお洗濯方法で仕上げてくださいますし、会社でまとめて依頼することで最終的な節電・節水に繋がります。
自宅で制服を洗うのが面倒だな…と感じている方は上司に相談してみてください!

頑固で特殊な汚れにも!



制服のポケットについたボールペンのシミや作業着の泥汚れ、油汚れが落ちない…そんなことはありませんか?
水洗いしかやっていない業者さんだと強いアルカリ性の洗剤で洗うので素材がボロボロになりやすいんです。
町のクリーニング店では1着ずつ手仕上げで仕上げてくださるお店もあるので、まずはお問い合わせを!


個人にも法人にもおすすめのクリーニング店をご紹介!

有馬ドライクリーニング

東川口にある1965年創業のクリーニング店です。
全てひとつひとつ丁寧に手仕上げで仕上げてくださり、衣類に合わせた水洗いとドライクリーニングのどちらも使用するWクリーニングでしっかり汚れを落としてくださいます。
https://arima-dc.com/
お近くにお住まいの方や企業様は是非ご利用されてみてはいかがでしょうか♪



この記事を書いた人

石井 カレン

『イートラスト株式会社 営業本部 / CRMグループ』

関連記事