minamachi

2021.10.12

日本についに上陸!最高峰のステーキハウス「ピーター・ルーガー」がやってきた!

日本についに上陸!最高峰のステーキハウス「ピーター・ルーガー」がやってきた!
※写真はイメージです


「ピーター・ルーガーステーキハウス東京」がオープン!


10月14日に東京・恵比寿にてオープンする最高峰のステーキハウス「ピーター・ルーガー」。
「ドライエイジングビーフ(乾燥熟成)」を世界に広め、ステーキの名店として米国ニューヨーク・ブルックリンでの創業以来130年の歴史を誇ります。


ピーター・ルーガーの日本進出が発表されたのが、今年の4月。
9月の予約が始まった時点で、開始からわずか3分で140組の申込みがあり、その日のうちに14日のディナーの予約は満席になってしまったそうです。
それだけ知る人ぞ知る人気のステーキハウスですが、どんなステーキなのでしょうか?


ちょっと気になりますよね♪






定番ステーキは2人前で2万2千円


え、1人前は1万1千もするの?! と思った方もいるでしょう。
そうなんです。激ウマと称されるだけあって、お値段も立派ですが、この価格でも食べたいと予約する人が大勢いるんですね。


お店自体は、恵比寿駅東口から徒歩6分(くすの木通り経由)ほどの場所にあります。
ブルックリンの街を感じさせる赤レンガを纏った外観。


店内は1階が、ウエイティングバーと8名で利用出来る4部屋の個室とされ、
2階は、オーブンキッチンの臨場感が感じられるメインダイニング。
3階は、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめるフロアとなっています。



そして、ピーター・ルーガーの売りは分厚い肉を焼き上げる「ブロイラー」。
900度まで出る「上火式の加熱調理器」は、普通のお店ではあまり見かけないのではないでしょうか。


このブロイラーを使って、5センチほどの肉にあっという間に火を通していきます。
個人的には調理しているところも見てみたくなりますね♪




売りはTボーンステーキ!


日本ではあまり提供しているお店がないのですが、Tボーンステーキがピーター・ルーガーの売り!
Tボーンステーキとは、骨を挟んで左側がヒレで、右側がサーロインになっているステーキで、見かけはかなりゴージャス。
お肉の表面はカリッと、中はジューシーなところがこのステーキの魅力。


そこにピーター・ルーガーの独自の焼き方が加われば言うことなしですね!


そしてそして、ステーキだけではなく軽い食事もあり、ランチタイムとバー限定メニューとして熟成肉を使用したハンバーガーも用意されているとのこと。
う~ん、ピーター・ルーガーのハンバーガーなんてどんなものなんでしょうか。
気になります。。


また、クラフトカクテルやピーター・ルーガーが選びぬいたワインもあり、極上の時間を過ごせそうです。


こんな有名店が日本にかつてなかったのがちょっと意外ですが、
気になる方は是非出かけてみてください。



ピーター・ルーガー公式サイトを見てみる



ステーキハウスピーター・ルーガーのホームページのキャプチャ画像

この記事を書いた人

大熊 純宜

『イートラスト株式会社 テクニカルチーム/B-rise運営事務局員』
web制作を経てGAIQ取得、HTML5プロフェッショナル認定資格取得。
現在は中小企業webサイトのSEO及びUI/コンテンツ運用の提案メインに従事。
子供のころは絵を書くのが好きで、コンクール入賞15回が自慢!笑
デジタルに「できること」「できないこと」を示して、webの活用術を考案していきます。

関連記事