minamachi

2022 年 6 月 13 日公開

もしかして雨?! 悪天候の予兆と言われる雲 4つ

もしかして雨?! 悪天候の予兆と言われる雲 4つ

いよいよ梅雨本番!
天気予報が晴れや曇りでもなかなか油断はできません・・・

そこで今回は、悪天候の予兆と言われる雲を4つ
ご紹介したいと思います!





雨など悪天候の予兆と言われる雲


①乱層雲(あまぐも)



雨雲(あまぐも)と呼ばれることの多い乱層雲は、
雲の下の方が暗灰色になっているのが特徴で、雨をもたらす雲の代表格です。


②巻積雲(うろこぐも・いわしぐも)



うろこの様にまだらな巻積雲は、雲に影がなく白色で
とても小さな雲がたくさん発生します。


③積乱雲(にゅうどうぐも・かみなりぐも)



夏の風物詩的な積乱雲は入道雲(にゅうどうぐも)や雷雲(かみなりぐも)とも呼ばれ、
垂直方向に大きく発達している形が特徴です。


④高積雲(ひつじぐも・むらぐも)



似た形の巻積雲(うろこぐも)もありますが、高積雲(ひつじぐも)の方が発生する空の位置が低く、
雲が分厚いため影が入るのが見分けるポイントです。昔は地震の前兆とも言われていたようです。



まとめ

今回は4種類をご紹介しましたが
雲の種類はまだまだたくさんあります。

梅雨の時期、天気の悪い日は続いてどんよりしてしまいますが
これを機にぜひ、上を向いて空模様をチェックしてみてください!



この記事を書いた人

鈴木 優子

『イートラスト株式会社 営業本部 / CSグループ』
B-riseを通じてユーザーの皆様により良い情報を提供できるよう頑張ります!

新着記事
関連記事