minamachi

2022 年 11 月 10 日公開

冬のボーナスで買いたい!年末に安い家電はコレだ!

冬のボーナスで買いたい!年末に安い家電はコレだ!

社会人の皆さんの中には、ボーナスを楽しみに働いている方もいるのではないでしょうか。


まとまった金額が一気にもらえるので、買い換えたかった家電を購入したい、ブランドの製品が欲しいなど夢を膨らませている人も多いと思います。



そこで今回は、その中でもこの冬に買うべき家電について紹介します!





ボーナスってなに?


ボーナスは賞与とも呼ばれ、年に数回、通常の給与とは別に支給されるものです。


ボーナスの回数は年に2回の会社が多いですが会社によって異なり、年に3回や4回のところもあります。


企業によっては支給する制度をとっていない場合もあります。



家電には安い時期がある!



家電製品は時期によって価格が大きく変動します。


基本的には年に1回新型に切り替わるので、毎年旧製品は価格が安くなります。




しかし問題はそのタイミング。



家電製品は製品分類によって新型に切り替わる時期が違います。



例えば、ドラム洗濯機は毎年9~10月に新製品が発売になります。
新製品は発売時に約38万円前後で販売されますが、翌年に新商品が出るころには、20万円前後まで価格が下がります。



買う時期でこんなにも価格が変わるんですね。




冬のボーナスで購入するのは12月~3月ごろまでに生産が終わる製品が狙い目です!


生産終了間近は価格が変動しやすいので、購入の際は注意も必要です。






年末と年始では年末が安い!



よくある疑問として、「年末年始はどっちが安い?」というものがあると思います。


小売業界に8年間いた筆者の経験としては、



全体的に価格が安くなるのは年末

商材が安く販売されるのは年始



といったイメージです。


年末は、お正月の準備などで忙しくなり来店が減るのと、初売りを期待しての買い控えが多く見られます。


そうなると売り上げが落ちてしまうので、店側は価格を下げてでも販売につなげようとします。



逆に年始は「初売り」のイメージでお客様が勝手に多く来るので、
無駄に安売りをしなくても多くの集客は見込めます。


ただ、一応安いイメージもつけるために、安い商品を仕入れます。


それが商材といわれるもので、数年前のモデルやもともと安いモデルを仕入れて安いイメージを作ります。


要は、古かったり、性能が低い機種でもいい場合は安く購入できる可能性が高いです



どうするのがいいかは、運次第なところもありますが、



特定の機種が欲しいなら年末

機種が決まっていないなら年始



で選ぶのがいいかもしれません。




買うべき家電はこれ!

大型冷蔵庫



450L~500Lの大型冷蔵庫は1月ごろから5月ごろにかけて新機種になります。

モデルやメーカー、グレードによって時期は若干変わりますが、12月には生産が終わる機種もあります。


年末で価格も下がっているので、かなり安く買えると思います。


目安としては450L台の機種で18万円以下500L台の機種で23万円以下で買えると、かなり安い方だと思います。

このタイミングにチェックしてみてください!



エアコン



エアコンは高性能な上位モデルから入れ替えが始まります。


18畳用の最上位モデルで発売時に35万円くらいの機種が20~25万円くらいで販売されます。


エアコンに関しては、旧製品が残っていることが多いので、そこまで緊急ではなければ少し待ってもいいかもしれません。


しかし、頻繁に家電量販店に行かないと在庫状況や生産状況は変わるので逃してしまうかもしれません。



美容家電



美容家電は、物にもよりますが11月くらいから3月くらいに順次入れ替えがあります。


全部が全部ではないですが、狙っていた機種が安くなっているかもしれません。


ほしい機種の発売日を調べてみて、1年前ならチャンスなのでチェックしてみるのもおすすめです。





ということで、冬のボーナスで狙うべき家電製品の紹介でした。


大型の家電が購入のチャンスであるこの時期。
ほしかった、変えたかった家電をチェックしてみてはいかがでしょうか。





◆有限会社エレテック 桑原電気:https://eletec.net

この記事を書いた人

今井 晴哉

『イートラスト株式会社 テクニカルチーム』
青森県出身。8年間、小売業界に従事しつつ趣味でライターとして活動。大手サイトの記事投稿やラジオ出演の経験も。2022年にイートラストに入社。好きなものは家電、インディーズ音楽、動画編集。

新着記事
関連記事