minamachi

2021.02.08

美容液の正しい使い方。適切な順番と使い方で美肌を作る!

美容液の正しい使い方。適切な順番と使い方で美肌を作る!

スキンケアアイテムとして美容液を使っていますか?美容液は美容成分が多く配合されているので、使っていれば美肌になれるはず、と思っていませんか?


美容液には適切な使い方があるのですよ!それを守らずに使っていると美容液の効果が半減してしまいます!


美容液を使っている、これから使おうと思っている方、美容液の正しい使い方をしっかりとマスターしましょう!


あなたは大丈夫?美容液の間違った使い方

美容液を使っているのに期待するほどの効果が得られない、それは美容液の使い方や選び方が間違っている可能性が考えられます。


まずは、よくありがちな間違った美容液の使い方についてまとめてみました。


よくばりはNG、いくつも重ねづけする

美容液について調べてみると効果が期待できそう!使ってみたいと思う美容液がいくつも見つかることが出てきます。


また肌の悩みがたくさんありすぎて、悩みごとに美容液を選んでしまうと使う美容液の数が多くなったりします。


美容液の重ねづけは基本的にNGです。

いくつも使えばその相乗効果が期待できると考えてしまいますがその逆になる可能性が高いからです。

組み合わせによっては肌に刺激やトラブルを起こす危険性も高くなります。


しかも、美容液をたっぷりとつけても肌に吸収できる量は決まっていますのでたくさん重ねづけしてもあまり意味がないのです。


つけるときとパンパンたたいてパッティングはお肌を傷めるもとに!

美容液をつけて浸透力をアップさせるためにパンパンお肌をたたいてパッティングしていないでしょうか?


これは他のスキンケア製品を使用するときにも言えることですが肌を確実に傷めます!


肌を適度な力でパッティングすると肌の血行を良くして美容液の浸透を高めてくれるメリットが期待できます。しかし力が強すぎると逆効果。肌の毛細血管が切れてしまいます。


つけすぎ注意!適量を使用すること!


「早く美容液の効果を実感したい!」「肌の悩みを早く解決したい!」と考えるとつい多めに美容液をつけてしまうことがあります。


しかし肌が栄養を吸収できる量には限りがあります。当然それ以上美容液やスキンケア製品を使用しても肌に吸収されずムダになります。


美容液を無駄に使ってコスパも悪くなりますね。


そしてもう一つ、つけすぎのデメリットが肌を乾燥させる危険性。もともと肌は自ら皮脂を分泌させて肌を潤わせようと働いてくれます。その働きが美容液の影響で弱くなることもあるのです。


さらにはつけすぎで酸化がすすむ危険性も!潤い効果の高い美容液には油分が多く含まれていることがあり、それが紫外線に触れて酸化を起こすと大変!


・シミ

・くすみ

・ニキビ



基本に忠実に!美容液の正しい使い方とは

美容液は正しく使用することで高い効果を実感しやすくなりますよ。美容液の正しい使い方について説明していきますね。


いつ使うのがベスト?美容液を使用する順番


美容液はスキンケアのいつに使用していますか?スキンケアの基本的な順番は下記の通りです。


1.クレンジング

2.洗顔

3.化粧水

4.美容液

5.乳液orクリーム


クレンジングと洗顔で肌の汚れをしっかりと落とすとスキンケアアイテムの浸透力が高くなります。


そして化粧水で肌に水分を与えると肌が柔らかくなってその後の美容液の浸透を助けてくれるのです。


美容液の前にクリームや乳液を塗ってしまうとそれらに含まれる油分が美容液の有効成分浸透を妨げるように働いてしまいます。

製品によってはスキンケアの化粧水の前につけたりするものがあり一般的な美容液と使う順番が異なることがあります。その場合は商品説明に従ってください。



正しく使って美容液効果アップ!美肌作りに役立てよう


美容液の選び方や使い方で間違っていた点、ついやってしまっていたような習慣、該当しませんでしたか?


せっかくお金を払って美容液を購入しているのですからそれなりの効果を得たいですよね。


美容液は正しく使うことで高い効果を実感しやすくなりますよ!美容液を使っている方は自分の使い方を見直して正しい使い方で使うようにしてみてくださいね!

この記事を書いた人

岩崎 晃大

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 / デザイナー』

関連記事