minamachi

2022 年 5 月 8 日公開

あなたは知らない<オーディオ>の世界

あなたは知らない<オーディオ>の世界

昨年末頃に一度ロスレスオーディオとヘッドホンについてご紹介させて頂きました。

(詳しくはこちら⇒【あなたは本当に良い<音>で聴いてる?】)


今回はそこからさらに踏み込んだ、
知っていると明日からの音楽が少し楽しくなるかもしれない
オーディオの専門知識についてご紹介致します。








DAPって名前は聞いたことあるけど?

DAPという言葉を皆さんはご存じでしょうか?


DAPとは音楽再生に特化したデバイスで、有名なものだとウォークマンなどがDAPに該当します。


今はiPhoneやAndroidなどで音楽ストリーミングサービスを使って音楽を聴いている人も多いので、


「DAPなんてわざわざ買う必要ないよ!」と思う方も少ないないでしょう。


そんな考えを変えてくれるかもしれないのが今から紹介する"バランス接続"になります。



バランス接続とは?

バランス接続とは簡単に言うとノイズを軽減してくれ、
より良い音質で音楽を聴くことのできる接続方法になります。


一般的な接続方法はアンバランス接続といって一つのアンプから正相(+の信号)の音声信号が流れて
ヘッドホン・イヤホンを駆動するのに対して、


バランス接続は左右の独立したアンプから正相(+の信号)と逆相(マイナスの信号)の音声信号が流れて
ヘッドホン・イヤホンを駆動します。



バランス接続にすることで「クロストーク(混線)」と呼ばれる現象が起きなくなり良い音で聞くことができます。
(※クロストーク(混線)とは隣接しているケーブル同士が相互に影響を与えノイズを発生させる現象)


今流行りのAirPodsなどワイヤレスイヤホンではコードがないのでバランス接続は出来ませんが、
有線のヘッドホン・イヤホンを使用されている方には是非一度試していただきたいです!


普段聞いている曲でも今までノイズで聞こえていなかった音が聞こえるようになるかもしれません。



最後に

最近オーディオにはまり移動中でもずっと何かしらの音を聴いているのですが、
音にこだわって聴くようになってからQOL(クオリティ オブ ライフ)がかなり向上したような気がします。


こだわり始めるときりがないオーディオの世界ですが
一度足を踏み入れてみればあなたの中で新しい世界が広がるかもしれません。



この記事を書いた人

田中 友貴

『イートラスト株式会社 管理本部』
アウトドアやお酒が大好きです!

新着記事
関連記事