minamachi

2021.10.07

キャンプは秋がベストシーズン!

キャンプは秋がベストシーズン!

秋になりましたね・・・。


これからの季節キャンプがベストシーズンなんですよ!


キャンプと言えば夏をイメージされる方もいらっしゃる方も多いかと思いますが、実は秋のキャンプがベストシーズンなんです。


今回は秋がベストシーズンな理由やおすすめの地域をご紹介していこうと思います。





なぜ秋キャンプがベストシーズンなの?

キャンプと言えば「夏」を思い浮かべている方、もったいないですよ~


そもそもキャンプ文化が根付いている欧米では日本の様に四季がはっきりとしてる地域が少ないので一年中キャンプを楽しんでいます。


しかし、日本は四季がはっきりしていますよね。


一番過ごしやすい「秋」にキャンプをしない理由はないはずです。



虫が夏に比べて圧倒的に少ない!

夏の山に虫よけ対策もせず一日いることを想像してみてください。


想像しただけで体が痒くなってきます。


夏は蚊やアブ、ブヨなどの吸血虫や、スズメバチなど刺されると毒がある虫など多くの虫が活発に動いています。


その点、秋はそんな虫たちが夏と比べて圧倒的に減っていますので、虫よけ対策などを頻繁につける必要もありません。



真夏に比べて過ごしやい気候!

夏の暑さが嫌でキャンプが嫌いという方が結構多いんですよ。


標高の高い山やキャンプ場なら涼しいかもしれませんが、ほとんどの場合暑さとの戦いが夏のキャンプにはありますよね。


テントを建ててる最中も食事の準備なんて日も使うことでより暑さを感じます。


その点、秋のキャンプは暑さもひと段落。とても快適です。


逆に朝晩は冷え込む場所もありますが、冬程大がかりな防寒対策もせずに長袖を羽織ればかなり過ごしやすいです。



夏ほど混んでいない!

せっかく自然豊かで静かな場所を選んでも、人が多すぎると嫌ですよね・・・。


夏は夏休みやお盆休みなど連休を取りやすく家族そろってキャンプしやすい日程でしょうがないのですが、秋は夏ほど混雑もしていませんし、ある程度キャンプを知っている人たちがキャンプに来ているので、騒がしくなく比較的のんびりと楽しめると思います。


キャンプ場によっては料金が安い!

シーズンごとに「ハイシーズン」「オンシーズン」「オフシーズン」と利用料金を設定しているキャンプ場は意外と多いです。


そういったキャンプ場は、ゴールデンウィークや夏休み期間はハイシーズンに設定していて、ほかのシーズンに比べて割高です。


ところが、秋になるとハイシーズンからオンシーズンに切り替わり、料金設定も少々下がります。


すべてのキャンプ場ではないため確認が必要ですが、料金設定が切り替わる頃合いを見計らって出かけるのもいいかもしれません。



焚き火をしても暑くない!

キャンパーのあいだで焚き火が人気です。ですが、焚き火が楽しいとはいっても、真夏の焚き火は暑すぎて楽しめなかったり・・・。


秋は焚き火に最適な季節です。


暑すぎることもなく、また日が暮れるのも夏に比べ早いので焚き火の火を楽しめます。


旬のさつまいもを使って焼き芋をしてみたり、夕暮れの涼しい中で鍋料理をやってみてもいいのでは?!



秋の旬な食材を味わえる!

食欲の秋・・・何と言っても秋はおいしい食材の旬が多い。


海が近いキャンプ場ならサンマや秋サケ、山のキャンプ場ならキノコや栗、観光農園が近ければサツマイモやブドウなどが味わえます。


キャンプ場に向かう道中の道の駅などに寄って地元の旬な食材を調理してみてはいかがですか?


間違っても山などに生えているキノコなど勝手に採って食べないように!



紅葉が楽しめる!

キャンプ場が広葉樹に囲まれていたら、そこは「紅葉狩りキャンプ」が楽しめるスポット。秋ならではのキャンプが満喫できます。


ただし、紅葉のピークは気候などによって毎年変ってきます。


ベストなタイミングで出かけたいと思ったら、事前にキャンプ場に問い合わせてみましょう。


「今年は見頃が早そうだよ!」という情報を教えてくれるキャンプ場もあります。


秋キャンプにおすすめなキャンプギア

いかがでしたか?


秋のキャンプの魅力伝わりましたか?!


夏と比べてどうしても朝晩は冷えますので、こんなグッズをおすすめします!

PowerArQ2 ポータブル電源 500Wh Smart Tap

家電批評ベストバイ・オブ・ザ・イヤーを受賞した製品


「防災家電部門 ポータブル電源」として<迷わず全国民が買うべき災害時最強に命綱>としてベストバイに選ばれた製品ですが、アウトドア(キャンプ)シーンにもってこいの「PowerArQ パワーアーク」。



秋キャンプの朝は冷えますが、電化製品が使えるとなるとかなり便利です。


起床時、火を起こすの前に電気ポットでお湯を沸かしコーヒーを飲みながら火起こしや、就寝時の底冷えに電気毛布やカーペットなど自然の中でも電化製品使用を可能にしてくれるポータブル電源。


秋キャンプのお供に1台持っていたら、新たなキャンプライフが待っています!



この記事を書いた人

矢部 峻一

『イートラスト株式会社 テクニカルチームリーダー/B-rise運営事務局員』
飲食業界で現場・SV・マーケティングを経験し、2014年イートラスト株式会社へ入社。ディレクター業務・カスタマーサポート業務を経て、現在はSEOやホームページ運用全般を請け負う「テクニカルチーム」を立ち上げ、責任者を担う。飲食業界に携わっていたこともあり、サービス業様へのWebマーケティング・SEO/MEOで貢献していくため、日々新しい試みを模索している最中です。

関連記事