minamachi

2021.09.26

クライミングとボルダリングの違いとは?

クライミングとボルダリングの違いとは?

似ているようで実は違う?「ボルダリング」と「クライミング」最近どっちの言葉もよく耳にする、でも正直違いが分からない・・・なんて方も多いのではないでしょうか。

今回はクライミングとボルダリングの違いを分かりやすく解説します!





ボルダリング

ボルダリングを日本語に訳すと「岩、石ころ登り」となります


基本的に命綱を付けずに1~5m程の岩場を上るのがボルダリングで
ボルダリングジムなどでも5m以下と決まった壁を登るシンプルなスタイルです。


5m程の高さまでと決まっており、落ちても大丈夫なように下にはマットが敷いてあるため
気軽に始められるのが特徴です。



クライミング(フリークライミング)

まず、クライミングとは「フリークライミング」のことを指すことが多いです。


フリークライミングとは先程ご説明したボルダリングを含めて
壁に上ること全般を指す言葉です。


なので、ボルダリングとクライミングは違うものではなく
フリークライミングという大きな枠組みの中にボルダリングという
スタイルが存在するような形です。


また、フリークライミングの中には「ルートクライミング」と言われるものがあり、
これは10m以上の壁を上るので安全確保のためロープを使用し、
上る人を「クライマー」、安全を確保する人を「ビレイヤー」と呼び
2人1組で行なうスタイルの事を指します。


ボルダリングに比べると壁があるジムの数も少なく、
用意しなければいけない道具も増えるので、始めるハードルはやや高めです。



何から始めればいいの?

上記でもご説明したようにルートクライミングはややハードルが高いため、
これから始めるという方にはボルダリングがおすすめです!


初めてだとできるかどうか不安に感じると思いますが
スタッフの方がしっかりレクチャーしてくれるので
興味のある方は一度、ボルダリングジムに足を運んでみてはいかがでしょうか。


【必見】おすすめクライミングジム

クライミングジムCELL(セル)


https://www.climb-cell.com/

東京都世田谷区経堂にあるクライミングジムCELL(セル)では 初心者から上級者まで気軽に ボルダリングを楽しむことができます。
スタッフ自身のレベルも高く、お子様から大人まで、 年齢問わず、どなたでもチャレンジできます。

入会を検討している方、初心者の方向けに
体験クライミングも受付しております。
お電話またはHPよりお申込みいただけます。
お気軽にお越しくださいませ。



この記事を書いた人

浅貝 健

『イートラスト株式会社 営業本部 / CSグループ』
カスタマサポート所属の浅貝です。よろしくお願いいたします。

関連記事