minamachi

2021.08.26

自宅に癒されるアクアリウムを置こう!おすすめの種類は?

自宅に癒されるアクアリウムを置こう!おすすめの種類は?

華やかなアクアリウムは、リビング、玄関、寝室など、どんな場所に置いても合いますし、自分の理想の水槽を作っていく楽しみもあります。
また、水槽で泳ぐ魚を見ているだけでなんだか癒される気がします。
マンションやアパートでペットが飼えない方は、特に作ってみようかなと1度は考えたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、様々な理由でご自宅に水槽が置けていない方、最初の一歩が踏み出せない方に向けて、アクアリムを実際に置いてみたくなるかわいい魚たちをご紹介します!

■ネオンテトラ



体長は約3cmで、頭部から尾びれの付け根近くにかけて鮮やかな青のラインが入り、その下の腹ビレから尾びれの付け根にかけて赤のラインが入っている魚です。性格も緩和で他の魚とも共生しやすいと言われます。
見た目が鮮やかなので、水槽を置いておくだけで、お部屋がパッと華やぐこと間違いなしです。

■カクレクマノミ



「ファインディング・ニモ」でよく知られるカクレクマノミ。体長は5〜9cm。オレンジ色と白のしましまの可愛らしい姿です。飼育に関しては海水魚としては難易度が低く、海水魚飼育の入門種としてもおすすめです。
イソギンチャクと共生しているイメージがあるかもしれませんが、イソギンチャクは初心者には飼育が少し難しいので注意が必要です。

■フグ



とても好奇心王政で人にもなつきやすく、水槽にかざした手にも寄ってきます。
ヒレをひらひらさせたり、機嫌がよいときには水の中を上下に泳ぐこともあり、他の魚にはない可愛らしさがあります。
個体差はありますが、寝ているときや、体調が悪いときになどは丸くなり、そのまま水槽の中を転がっている姿を見られることも。
ただ気性は荒めなので、あまり混泳には向いていません。

■タナゴ



タナゴは体長8cmほどの淡水魚です。熱帯魚には無い日本淡水魚特有の美しさがあり、飼育をされているファンの方も多いです。
派手な色味ではありませんが、鱗が銀色虹色に煌めく美しい色をしています。自然界にも生息しており、釣りを楽しむ事も出来たり、釣った魚を飼育する事もできる為、人気のある淡水魚です。
ケンカすることもありますが、穏やかな性格のため混泳も可能です。
私のお家では、タナゴとメダカとエビが仲良く共生しています。

■メダカ



小学校のときに、教室で飼っていた方も多いのではないでしょうか。
定番の川魚で、室内水槽でももちろん産卵し、条件によっては年中繁殖させることもできます。

まとめ


今回は沢山いるお魚の種類の中から私のおすすめの魚、飼ってみたいなと思っている魚をご紹介しました!
数えきれないほど種があるので、迷ったときはペットショップの定員さんに相談してみてもよいかもしれません。


アクアリウムを作る魚を入手できるお店

PETTAJIMA



〒144-0053  東京都大田区蒲田本町1-3-8

URL:http://pet-tajima.com/



この記事を書いた人

吉澤 潮

『イートラスト株式会社 総合サポート本部 / ディレクター』
日々学んだことを吸収していきます!

関連記事