minamachi

2022 年 4 月 19 日公開

話題沸騰中の「クラフトコーラ」とは?

話題沸騰中の「クラフトコーラ」とは?

多くの人が好きな飲み物「コーラ」について、
実は自分で簡単に手作りすることができるのをご存じでしたでしょうか?


クラフトビールやクラフトコーヒーなど、手作りブームの今、
新たに注目されているのがクラフトコーラになります!


そこで今回は、クラフトコーラについて、
レシピなども合わせてご紹介させていただきたいと思います♪





クラフトコーラとは?



クラフトビールにはじまり、クラフトコーヒー、クラフトジンなど・・・
小規模で手作りされるこだわりの飲料・食品が増えてきました!


今回ご紹介するクラフトコーラもそのひとつで、
最近ではクラフトコーラの先駆けといわれている「伊良コーラ」が東京・下落合にオープンして話題になりました。


「コーラなんて手作りできるの!?」と思う方は多いかと思いますが、
実は、身近な材料を使って誰でも簡単に作ることができるのです!


想像以上に簡単なので、是非レシピまでご覧ください♪

そもそもコーラとは

そもそも「コーラ」とは、どんな飲み物なのかと言いますと・・・


1886年、いまから130年以上も前にアメリカで発明されました!
いまでこそ、さわやかに私たちの喉を潤してくれるコーラですが、もともとはアメリカの薬剤師が開発した栄養ドリンク的なものだったそうです。


数種のスパイスや柑橘類が主な原料で、確かに身体によさそうですよね。


そしてコーラに欠かすことができないのが、アフリカの熱帯雨林で育つ「コーラの実」!
かつては好品として消費されていたコーラの実ですが、現在販売されているコーラには使われないものが多いようです。


こうして発明されたコーラは数社が飲用として販売をし、世界中に広まっていったそうです!

コーラは何味?

コーラは、何とも言えない複雑な味がし、フルーツなどの味に例えられるものがありません・・・
その為、多くの人にとってコーラの味を説明するのは難しいことかもしれませんね!


市販品のコーラは、輸入した抽出液を主体にカラメルやカフェインなどが加えられて売られているそうなので
市販のコーラは原材料が明らかではないので、何とも説明しがたい味です。


クラフトコーラは、スパイスやハーブなどをふんだんに使うため風味豊かで、
炭酸や柑橘系の香りでさわやかな味がします。

クラフトコーラの原材料



※画像は参考です。

  • ・カラメル
  • ・砂糖(三温糖などでもOK)
  • ・クローブ
  • ・シナモン
  • ・カルダモン
  • ・バニラビーンズ(バニラエッセンス)
  • ・レモン果汁(レモンオイル)
  • ・オレンジ果汁(オレンジオイル)
  • ・しょうが
  • ・炭酸水(強炭酸水、レモン炭酸などでもOK)

クラフトコーラには、たくさんのスパイスが使われています!


クローブやシナモン、カルダモンはクラフトコーラによく使われる材料です。
バニラビーンズ(バニラエッセンス)やレモン、オレンジなどは、好みによって入れる方もいるそうです!


砂糖は、白砂糖なら透明なコーラに、色のついた砂糖(三温糖など)では茶色のコーラになります!

クラフトコーラの作り方

●材料(コーラ5~6杯分)

  • ・グラニュー糖……200g
  • ・水……300cc
  • ・カルダモン(ホール)……3g
  • ・クローブ(ホール)……3g
  • ・シナモンスティック……2本
  • ・バニラエキス……小さじ1杯※
  • ・レモン……1/2個

カラメル

  • ・水……大さじ1杯
  • ・グラニュー糖……大さじ3杯
  • ・熱湯……大さじ1杯
  • ・炭酸……お好みの量

※バニラエキスは、バニラビーンズ1/2本やバニラエッセンス適量でも代用できます。
それぞれ加えるタイミング、加え方が違うので、作り方に記載しています。

●下準備

シナモンスティックは半分に折り、カルダモンはまな板に置き、包丁を寝かせて上から体重をかけてつぶしておきます。
こうすることで香りがしっかりと抽出されます。
シナモン、クローブ、カルダモンはホールを使っています。
パウダーだと液体と混ざりにくく、粉っぽさが出てしまうためです。


レモンは皮をしっかりと洗い、2~3ミリの厚さにスライスしておきます。
皮ごと使うので、国産のレモンを使うことをおすすめします。

●手順

1. スパイスのシロップを作る

鍋に水、グラニュー糖、スライスしたレモン、つぶしたスパイスを入れて中火にかけます。


バニラビーンズを使う場合、さやをナイフで開いて種をしごき、さやと種両方をこの段階で加えます。


グラニュー糖が完全に溶け、全体が沸騰したら火を止めます。バニラエキスを使う場合はこのタイミングで加えます。カラメルを合わせるまで、一度別の容器に移しておきましょう。


透明なままでよければ、この段階で完成です。
保存瓶に移して粗熱を取り、冷蔵庫でひと晩以上寝かせます。

2.コーラの色となるカラメルを作る

鍋にカラメル用の水、グラニュー糖を入れて中火にかけます。
グラニュー糖を先に入れると溶けにくくなるので、かならず水を先に入れてくださいね。


そのまま中火で熱し、途中鍋をゆすりながら茶色くなるまで煮詰めていきます。
へらでかき混ぜると砂糖が再結晶してしまうので、鍋をゆするようにしましょう。



濃い茶色になったら一気に熱湯を加えます。
このとき、かなりはねるのでやけど防止にミトンをはめて鍋を持ち、火から下ろしてシンクの上で加えるようにしましょう。
キッチンが汚れるのも防げます。


熱湯を加えたら鍋をゆすり、全体が均一になったらカラメルのできあがりです。

3. シロップとカラメルを合わせる

カラメルができたら、スパイスのシロップを加えて混ぜ合わせます。
シロップが冷めているとカラメルが固まって混ざりにくいので、弱火にかけて溶かしてください。


このとき、あくが出ることがあるのでスプーンでこまめに取り除いてくださいね。
全体が混ざったら火から下ろして粗熱を取ります。
バニラエッセンスを使う場合は、粗熱が取れたタイミングで加えます。


粗熱が取れたら清潔な瓶に移し、蓋をして冷蔵庫でひと晩以上寝かせます。


寝かせることでスパイスの香りがしっかりとシロップに移り、より奥深い味わいのおいしいコーラになります。

気になる味は…



グラスに茶こしでこしたコーラシロップを注ぎ、氷を入れます。
そこに無糖の炭酸を注げば、お待ちかねのクラフトコーラの完成です!


コーラシロップと炭酸の割合はお好みですが、炭酸:コーラが4:1、もしくは5:1くらいの比率がおいしく飲めそうです。
もちろん、濃さを好みで調整できるのもクラフトコーラのよさなので、自分なりの黄金比を探してみてくださいね!



糖度の高いシロップがグラスの底に沈んでいるので、かき混ぜて味を均一にしましょう。このとき、勢いよくかき混ぜると炭酸が抜けてしまうので、静かに、そっとかき混ぜてくださいね。


見た目は本物のコーラよりやや薄めの茶色ですが・・・味は、スパイシーなコーラそのもの!
本物のコーラのように黒くするには、カラメルをもっと焦がす必要がありますが、焦げ臭くなってしまうので、加減を見極めるのが重要です。


できたてのコーラシロップよりも、ひと晩寝かせたときの方が明らかにスパイスの香りがよくなっているのがわかります。
はやる気持ちをおさえつつ、じっくりと寝かせてから最高の状態で味わってくださいね!



スパイスの量や組み合わせを変えれば、味のアレンジも可能。オリジナルのクラフトコーラで、おうちカフェを楽しんでくださいね♪


参考:食からはじまる、笑顔のある暮らし。macaroni
自家製でおいしく再現!「クラフトコーラ」の作り方 より

この記事を書いた人

石上 彩佳

『イートラスト株式会社 営業本部 / CSグループ』
カスタマサポート所属の石上です。

新着記事
関連記事